格安simを販売しているのは、どういった業者なのか

格安simを販売しているのは、どういった業者なのか

ctw No Comments

格安simを販売している業者は携帯キャリアではなく、大手のプロバイダ企業などである場合がほとんどです。
大手プロバイダ企業は、携帯キャリアから通信に利用する回線を借りています。
これにより、プロバイダ企業もsimカードを販売することができるようになります。
また、このようにプロバイダ企業が携帯キャリアから回線を借りることには、格安simが通常のsimカードに比べて、低価格で販売されている要因の一つにもなっています。
格安simを販売している業者は、自社で通信回線を所有しているわけではありません。
そのため、回線の整備などを自分たちで行う必要がなくなります。
回線を維持するためにかかる費用などが削減されるため、その分だけプロバイダ企業の販売するsimカードは、携帯キャリアの販売しているsimカードに比べて、低価格なものになっています。
また、格安のsimカードを販売している大手プロバイダ企業は、サポートセンターやsimカードに関するトラブルに対応するための窓口などを持っていない場合がほとんどです。
これも格安simの特徴の一つで、これらを販売する業者は、格安simに関する問い合わせや、トラブルの対応などを電話のみで行います。
これは、そういったサポートにかかるコストを削減し、simカードを低価格化するための取り組みです。

格安simを変更するなら今が絶好のチャンスです

ctw No Comments

格安simの魅力を語る上で欠かすことの出来ないのがその圧倒的な料金の安さにあります。
データ定量制のプランを用いても、業界最安値で1000円を切る格安simもあるほどです。
今現在、スマートフォンに5000円以上かけているという人は一度検討をされてみることをおすすめします。
大手のキャリアのサービスで欠かせないものがあるという場合や常に安定したスピードで利用がしたいというヘビーユーザーの方を除いては多くのライトユーザーの方にとって魅力的であるといえます。
ちょうど、スマートフォンの2年縛りが解消されるというタイミングの方などは変更を本格的に検討する時期に来ています。2016年には大手キャリア間の乗り換え時などの大幅なキャッシュバック施策も総務省からの指導によって、事実上無くなったといえるので、今がまさに変更の絶好のチャンスであるといえます。
なお、格安simは変更したくても仕事や学校で忙しいという方やせっかくの休みを携帯を変更するためだけにつぶすのは嫌という方にとっても嬉しいポイントがあります。
格安simは基本的にネットでの申し込みとなるので、深夜の申し込みも問題ないですし、わざわざ休みの日に携帯ショップまで出向くという手間を取ら無くても大丈夫なようになっています。

格安simを番号引き継ぎ制度を利用して乗り換える

ctw No Comments

格安simは、その手軽さとシンプルさ・料金の安さから人気を集めるようになったため、メイン携帯として番号引き継ぎ制度いわゆるMNP制度を利用した乗り換えを行う人が増えています。
しかし、格安sim自体が大手携帯キャリアの通信網を借り受けているとはいえサービス開始から年数がまだ経過していないことから、番号引き継ぎ時には注意事項があります。
まず、旧携帯電話会社でMNP予約番号を発行し格安simを申し込む時に合わせて申請する必要があります。
その際、旧携帯キャリアにて契約していた名義人と完全一致している必要があるため、名義が異なる場合には旧携帯キャリアに加入している間に変更しておく必要があります。
格安simを運営するMVNO事業者では名義変更に対応していないことが多いためです。
また、格安simをインターネット上から申込時にクレジットカードの入力が必要となりますが、名義人と一致している必要があります。
このため、クレジットカードを持っている人の契約名義となるわけですが、家族全員で移動する際には番号引き継ぎのために名義を揃えたとしてもMVNO事業者では加入出来る回線数が1人あたり何回線までと制限されていることが多いのです。
このため、複数回線を番号引き継ぎ制度を利用して申し込む際には、事前に確認しておく必要があります。

格安simに保証サービスはあるの?

ctw No Comments

「格安simを使いたいけれど、端末が壊れた時のことを考えると心配…」「格安simでも、大手キャリア会社のような端末補償は受けられるの…?」と不安に感じている人も多いと思います。
月々のスマホ利用料金が格段に安くなる格安simですが、大手キャリアのようにサービスやサポートはまだまだ十分ではないというのが現状です。
まだまだ使用者が少なく、保障サービスも現状では充実していない格安simですが、MVNOの中には、独自に保証サービスを提供している業者もあり、例えば「契約中に使用している端末が故障・破損した場合に、通常なら3万5000円も修理料金がかかるものが、5000円~で済み、交換機と交換してくれる」という補償サービスを提供している業者も出てきています。
この業者の場合、格安simと端末をセットで購入した場合に保証をつけられるというのが特徴であり、大手キャリアの保証サービスと似たようなものであるのが特徴です。
また、他のMVNO業者でも、月々300円~500円ほどで補償サービスを受けられる業者は意外と多くあるので、simフリーの端末の保証が気になる人は、探してみると自分に合ったサービスが見つかるかもしれません。

格安sim、無制限で通話可能なプランで快適な使い方を

ctw No Comments

格安simは、あらゆる面でのコスト削減を図り、月額の利用料金を大幅に安くしたsimカードです。
ですが、この格安simは使い方によっては、高額な利用料金を支払わなくてはならなくなってしまうこともあります。
格安simの場合、通話をおこなうと料金が発生します。
通話料は、携帯キャリアなどの提供しているsimカードと比べると高額で、ある程度の通話だけでも、信じられないほどの通話料になってしまうということも起こってしまいます。
携帯キャリア等なら、家族間や同じ会社の機種間での電話に関しては、定額で無制限に通話が可能であるなどのサービスがあることもあります。
月額の基本的な利用料金は安くても、そこに別の利用料金が加算されることで、かえって利用料金が高くなってしまえば、本末転倒です。
こういったことを避けるために、無制限で電話を利用することができるようなプランを、自分で料金プランの中に組み込むことができます。
格安simの特徴の一つに、自由な料金プランを、自分の利用の仕方に合わせて作り出すことが可能ですので、電話を多く利用するのであれば、自分で無制限に電話が利用できるなどのプランを組み込んでおくと、格安simが使いやすくなるかもしれません。

格安simに乗り換えて月額料金を節約しよう

ctw No Comments

スマートフォンやタブレットが普及しています。
スマートフォンはフィーチャーフォンの普及台数を超えています。
簡単な操作でインターネットに接続でき、動画やゲームが楽しめます。
資料の確認やメールの送受信にも使えるので、ビジネス目的で使用している人も多いです。
スマートフォンやタブレットが便利な一方、毎月の通信料金が気になるところです。
ファミリー世帯の場合、複数台のスマートフォンを持っていればそれだけ料金が嵩みます。
1台あたり5000円以上になることは少なく無いです。
節約を考えた時に便利なのが格安simです。
従来は携帯電話キャリアのみがインターネット接続を提供していましたが、近年では第三者の企業がインターネット接続を提供できるようになりました。
そのため、価格競争が起きて格安simが誕生したのです。
格安simでは、毎月数百円からのサービスを提供しています。
1台だけ乗り換えたとしても、かなりの節約になります。
家族の中であまりインターネット接続していない端末を格安simに乗り換えるなど、節約の方法が考えられます。
常にsimの回線は使わずに、自宅にいる間は有線インターネットのwifiを使うなど、通信量を節約することもできます。

格安simの利用料金の支払いとは

ctw No Comments

携帯電話を使用する際に例えばキャリア携帯の場合には様々な支払い方法があります。
例えば銀行引き落としで支払ったり、クレジットカードでの支払いであったりですが、格安sim携帯の場合でも基本的には同じですが、その利用スタイルや業者によって変わります。
例えば格安simを月額料金制で契約する場合には、大体の格安sim業者はクレジットカードでの支払い方法しか受け付けていない場合が多く、銀行引き落としにも対応している業者はまだまだごく少数です。
それ以外であればプリペイド方式の格安simがありますが、これは大手の家電量販店や身近なコンビニエンスストアで販売されているもので、期限やギガの制限付きでデータ通信のみ利用することが可能なsimを利用したい時にその都度購入する方法になります。
なのでクレジットカードでも勿論支払いすることは可能ですが、現金で購入することも可能です。
どういった利用スタイルを選ぶかによって支払い方法も選ぶことが可能ですが、キャリア携帯では利用できても格安sim携帯では利用できないようなサービスもあるので、あらかじめ何が出来て何が出来ないのかということをきちんと把握してから利用業者を選ぶと安心です。

格安simをロック解除した携帯で利用する

ctw No Comments

格安simはsimカード単体で契約出来ることから、手持ちの余ったスマートフォンやタブレット端末に挿入して使うことが出来ます。
MVNO事業者は、大手携帯キャリアから回線帯域幅を購入して運営しているために大元の大手携帯キャリアから販売されているスマートフォンにsimカードを差し替えてAPN設定を新しいアクセスポイント情報に設定し直すことで利用可能となります。
他の大手携帯キャリアで利用されているスマートフォンであっても周波数バンドや規格が同一であれば、近年はsimロック解除を行うことで利用可能となりました。
海外ではsimロック解除を行うことは珍しいことではありませんが、日本国内では大手携帯キャリアが拒否していたために長らく実現していなかった事情があります。
総務省の指導によりsimロック解除が解禁されたわけですが、格安simを利用する上で大元の大手携帯キャリアが異なる端末を利用する場合には対応している周波数バンドが一部未対応の場合があるために注意が必要です。
格安sim提供事業者がどこの回線網を利用しているかを事前に把握した上で、利用したい場所の周波数バンドとしてどの帯域が使われているかを確認してからsimロック解除端末を利用することで圏外となる問題を避けることが出来ます。

格安simに人気が集まっている要素について

ctw No Comments

格安simは、非常に安価な価格で購入し契約する事が可能な通信サービスで、スマートフォンにてインターネット等のデータ通信をあまり行わないような方から人気を集めているのです。
日頃からスマートフォンをあまり触らなかったり、電話やメールがメインで使うユーザーの方に大きなメリットがあります。
主婦層の方から高齢者のようなスマートフォンのライトユーザーにとっては、月額の使用料の負担も少なく手軽に使えるのです。
また、2016年現在では、データ通信2gbを無料で使えるサービスや基本料金が割引きされるキャンペーンも行われており、ユーザーにとって乗り換える事でお得な特典を多数受けられます。
そして、格安simは、一般の家電量販店をはじめ携帯電話やスマートフォン専門のショップでも購入出来るのです。
データ通信量も2gbといった自分の使用料に合わせて選べます。
格安simは、大手キャリアのスマートフォンとは異なり、契約期間に決まりがありません。
その為、手軽に利用を開始出来るメリットもあります。
データ通信も2gb程度で問題無いユーザーの方には、推奨出来る通信サービスです。
以上、格安のsimには、様々なメリットが存在しています。

格安simの通信速度比較について

ctw No Comments

大手携帯キャリアではスマートフォンにおける通信速度は30Mbpsくらいを標準としており、これに比較して格安simの通信速度は5Mbpsくらいとされています。
通信料金では格安simの方が格段に安くなる一方で通信速度が遅くなるというデメリットがありますが、これは一般論となります。
格安simの中でも大手携帯キャリアと同様に30Mbpsくらいの通信ができるプランを提供している会社があり、今後はヘビーユーザーを中心にそういった会社に移行する人が増える見込まれています。

しかし、格安simの通信スピードに関しては公に発表しているスピードと実際のスピードとでは明らかな差が発生する場合がありますので、なるべく実測データを参照したり、各会社に問い合わせするなりして各会社の通信状態について比較検討することが重要になります。

インターネットのサイトには各会社の格安simごとに通信スピード比較を行っており、利用者が混雑する時間帯の通信状態などについて詳細データを公開していますので、契約変更を検討している場合はこのようなサイトを参考にすると良いでしょう。

通信速度と利用料金のバランスを十分に精査して、自分の使い方や環境に応じたサービスを選定しましょう。